一般社団法人 全国保健師教育機関協議会のホームページ
一般社団法人 全国保健師教育機関協議会
保健師からの
メッセージ2014
現役の保健師が保健師の魅力をご紹介します
市町村保健センター保健師からのメッセージ
写真01橘内 恵美子 
石巻市健康部健康推進課
私は、1市6町が合併した人口15万人の石巻市で保健師として働いています。乳幼児健診や母子手帳の交付などの母子業務をはじめ、 地区に出向いて家庭訪問や血圧測定をしながらの健康相談・健康教育などを行っています。石巻市では東日本大震災でプレハブ仮設住宅や民賃 仮設住宅に居住している人もまだ多く、家族状況や生活環境が変化から、健康面や精神的なストレスを抱えている人が少なくありません。 保健師は住民のこころとからだの健康支援を社協などの多職種と連携しながら行っています。
保健所保健師からのメッセージ
写真02池野 佑樹
静岡県西部健康福祉センター・
西部保健所地域医療課
私は、県の保健所で結核担当の保健師として勤務しています。「結核」と診断されると、患者や家族のほとんどから不安や心配の声が上がります。少しでも早く訪問し、正しい知識を伝え、内服確認や接触者健診を実施することでその不安を取り除くとともに、社会資源を活用しながら患者の治療完遂までサポートすることが保健師の役割です。結核は治療期間が長いため、患者や家族との信頼関係が大切です。「池野保健師のおかげで安心して治療ができた。」そう言ってもらえることがとても嬉しく、非常にやりがいのある仕事だと感じています。
静岡県下田市役所へ平成26年度から1年間、市町との交流が決まりました。頑張ります。
病院・診療所保健師からのメッセージ
写真02宗川 千恵子
NTT東日本関東病院予防医学センター
人間ドック室
私は、企業立病院の保健師として人間ドック受診者の方の生活指導や各種健康診断業務、病院職員の健康管理業務に携わっています。一期一会の関わりではありますが、様々な健康問題を抱える方々が人間ドック等の受診をきっかけに「健康」の大切さに気付き、自ら行動変容を起こせるようコミュニュケーションをとっています。また職員の健康管理においては、特に新人看護師のメンタルヘルス不調に着目し、様々な悩みや問題について共に考え寄り添いながら産業保健スタッフと連携し解決の糸口を模索しています。そのような新人看護師がたくましく成長していく姿を眺めるのも嬉しいものです。
産業保健師からのメッセージ
写真02白井 理恵
セレスティカ・ジャパン株式会社
様々な場面で共に悩み、喜びながら、同じ「社員」として歩むことのできる産業保健。私たちが担当するライフステージは長く、とても大切な期間です。産業保健は人生を豊かに生きることにつながる看護であると感じます。個から環境へのアプローチまで、ニーズは多岐にわたります。いつも対象者の近くにいることができ、そして長い時間をかけて看続けることができる。そんな深いかかわりの中で、私自身もたくさんのことを教わり、育てていただいています。社員の一番身近なサポーターとして、心に寄り添うことのできる産業保健師でありたいと思っています。
地域包括支援センター保健師からのメッセージ
写真02堀谷 まゆ子
伊東地域包括支援センター
(伊東市社会福祉協議会)
私は、現在、地域の総合的な相談窓口である「地域包括支援センター」の保健師として高齢者が 安心して住み慣れた地域生活を継続できるよう様々な相談に応じています。他機関・他職種や地域住民とも連携を取り、 地域全体で見守りができるようなシステムづくりや予防的視点を大切にし、保健師の専門職性を活かした活動ができるよう心がけています。 高齢者やご家族、他職種から医療的な相談を受けることも多く、個人・家族の複雑な問題に密着した活動や高齢者が生きがいを持って自立した 日常生活を続けられるような支援ができることは意義深く、日々やりがいを感じています。
訪問看護ステーション保健師からのメッセージ
写真02千葉 洋子
セコム成城訪問看護ステーション
私は、大学卒業後すぐに訪問看護師になりたいと思い、セコム医療システム株式会社に入社しました。在宅療養生活を送る利用者・家族は、病状悪化を予防する方法がわからずに困っている事や、わかっていても様々な事情により実行できずに悩んでいる事が多いです。また、病状が変化した時の対応方法に不安を抱えています。訪問看護師の役割は、そうした気持ちに寄り添い、利用者・家族に合った解決方法を一緒に見出す事だと考えます。疾患・病態をきちんと理解し、安全で その方らしい療養生活を支えられる仕事にやりがいを感じています。
起業した保健師からのメッセージ
写真02川添 高志
ケアプロ株式会社代表取締役
私は、25歳の時にケアプロ株式会社を起業しました。1年以上健康診断を受けていない健診弱者は3,300万人。早い・安い・簡単な「ワンコイン健診」を展開し、1項目500円から血糖値、コレステロール、中性脂肪などが測定出来ます。 駅やスーパーでワンコイン健診のイベントブースを出しており、月に1万人以上の方に利用頂いています。20年以上健診を受けていなかった方が、 たまたま「ワンコイン健診」を利用されて重度の糖尿病が見つかり、早期治療ができたケースもあります。今後は海外にも展開する予定です。